サービス事例&ニュース

計量器の法定検査が終了しました

弊社は、「質量」の事業区分で計量証明事業者として埼玉県に登録されておりますが、
計量法の規定により、2年に1回定期検査をしなければいけません。

その定期検査を9月2日に行いました。

弊社では、デジタル式のトラックスケール2基(40トン/60トン)を設置していますが、ゼロ確認から始まり、器差検査、偏値検査、繰り返し検査などを行い、計量士立ち会いの下、計量器の精度を検査しました。重さの違う分銅を乗せては上げて、乗せては上げてを繰り返し、計量器の精度を確認するので、結構時間がかかりますが、無事検査は終了しました。

・自社のトラックの積荷の重さを正確に計量し、参考資料として利用したい。

・取引先に対して、トラックの積荷の重さを計量し、その結果を報告する必要がある。

上記のようなケースで、当社の計量証明サービスを利用される企業様があります。必要に応じて、計量証明書も発行します。

計量可能な荷物、計量の流れ、計量料金などご不明な点があればお気軽にお問い合わせ下さい。
Pagetop