創業90周年のお知らせ | 古紙回収や古紙リサイクル、機密文書の処理は埼玉県狭山市の奥富興産へ - テストページ

サービス事例&ニュース

創業90周年のお知らせ

「奥富興産株式会社は、2014年4月に創業90周年を迎えました!」

当社は、「今ある資源で新しい価値をつくる」という企業理念のもと、微力ながらも地域に根ざした環境保全活動に取り組んでまいりました。 1924年に空容器、製紙原料、製鋼原料卸として創業しましたが、当時はリサイクルという言葉もなく、リヤカーを使って不要になったものを集めていました。 その後、ガソリンスタンドの経営多角化もしましたが、2度のオイルショックを経験しました。 21世紀に入り、地球環境保全、廃棄物の適正処分、情報セキュリティーに対する社会の要請に応えるために、業界に先駆けて機密文書処理サービスを開始しました。 そして、昨年には産業廃棄物中間処分業の許可を取得し、第2工場(狭山中間処理工場)を新設したことで、幅広い品目の廃棄物を自社内で適正処分できる体制を整えました。 失敗を繰り返しながらも、変化を恐れずに新しいことにチャレンジしてきたことで、何とか90年間事業を存続させることができました。 これからも、廃棄物の再資源化と適正処分のプロとして、地域のみなさんのリサイクルの活動拠点として、お客さまに新しい価値を提供できるよう、誠心誠意邁進してまいります。
シンボルマークについて:
当社の中核事業であるリサイクルのイメージと、今後も発展し続ける意志の強さを表しています。
Pagetop