サービス事例&ニュース

ニュースレターを更新しました(2020年秋号)

歴代最長を記録した安倍政権が終わりました。景気・雇用対策、外交・安全保障では一定の評価を得たと思いますが、震災復興、コロナ対策、オリンピック準備など、多くの課題を残したままです。明治維新は欧、戦後は米というモデルを追いかけてきましたが、もうそろそろ日本独自の国づくりを考える時なのかもしれません。

 

今号のニュースレターでは、コラムで、「資源」について考えてみました。「資源」という言葉は人間が作り出したものですが、資源とごみの境目は何なのでしょう?

 

コロナウイルスの感染拡大は、今までの事業活動や働き方を見直すきっかけにもなっています。持続可能な社会、共存できる社会をつくるために必要な事は何なのか?そんなことを考える本として、「持続可能な資本主義」を紹介しています。時間をとって、ぜひお読み下さい。

ニュースレター_2020_autumn

 

Pagetop