サービス事例&ニュース

法定書類の保存期間をご存知ですか?

3月は多くの企業が新年度にに入る前に、様々な書類が収められたファイルを整理する職場も多いかと思います。

その際、退職した従業員の労働者名簿や過去のタイムカードなどをいつまで保存しておく必要があるのか、判断に迷うことがあると思います。

こうした人事労務管理に関する書類については、それぞれ適用される法令により一定期間保存することが義務づけられています。主な法定書類等の保存期間についてまとめましたので、参考にして下さい。


「法定書類の保存期間(人事労務)」

 

その他にも面接時の履歴書や決算関連書類、営業情報・顧客情報文書など、自社内で処分に困る重要な文書はあると思います。そんな時に、個人情報漏えい対策、保管スペースの有効活用、電気代・人件費の節約、資源の再利用につながる当社の機密文書処理サービスをぜひご利用下さい。

弊社は、業界に先駆けて2003年より機密書類抹消システムを導入しました。日本国内最大の文書細断(文書裁断)のサービスネットワークである「一般社団法人全日本機密文書裁断協会」にも加入し、500社以上のお客様にご利用頂いております。昨今は、個人事業主や一般家庭からの問い合わせも増えております。段ボール1箱からでも回収に伺いますので、まずはお気軽にお問い合わせください。予約は早めにお願い致します。

 

Pagetop