サービス事例&ニュース

【活用事例】有価物を分別して年間50万円のコスト削減

【業種】 食品メーカー

【品目】 古くなった機械類、金属スクラップ

【お客さまからの声】
今までは、不要になった金属スクラップを産業廃棄物として処分してもらっていました。

奥富さんから金属類は有価物になることをアドバイス頂き、買い取りして頂いたことで、従来と比べて年間500,000円ほどのコスト削減につながりました。

また、社内でも廃棄物の分別・削減に対する意識が向上し、生産性向上にも一役買っています。

 

【当社コメント】
弊社は、多くの品目の中間処分許可品目を保有しており、廃棄物処理ををワンストップで対応できます。

金属類や紙類を混合の産業廃棄物として処分しようとすると、㎥あたり数千円~数万円の処分料金がかかります。

昨今は、中国の廃プラ輸入規制などもあり、産業廃棄物の処分料金が高騰しています。
多少の手間をかけてでも廃棄物の分別することで、コスト削減や職場環境の改善、社員の意識改革につながります。

Pagetop