サービス事例&ニュース

【本】生きていることを楽しんで ターシャの言葉

 

スローライフの元祖として知られ、世界中のガーデナーが憧れるターシャ・テューダーさん。
昨年は生誕100年を記念をして映画にもなり、話題になりました。

 

彼女は4人の子どもを抱えながらも、夢に生き、確固とした自分の価値観を築いてきました。
そんな彼女が守り通した「ターシャのルール」をあますところなく紹介する一冊です。

 

「最初から恵まれすぎているより、足りないくらいのほうが、人生からより多くの喜びを引き出せる」など、
彼女が残したメッセージは、効率やスピードを求める今日の物質主義社会を考えるきっかけとなるのではないでしょうか?

Pagetop