サービス事例&ニュース

【コラム】デンマークは買い物袋を持参する国へ

プラスチックごみの問題が世界的に高まっている中で、デンマーク政府は、店舗での薄いプラスチック製の袋の提供を全面的に禁止する方針を発表しました。

また、素材や大きさを問わず、商品を入れるための袋を無料で提供することも同時に禁止するようです。

【参照サイト】Danish government bans lightweight plastic carrier bags

 

デンマーク環境食糧省は商工会議所や生協と協定を締結し、2023年までに袋の使用量を50%削減することを目指すとのこと。この取り組みにより、今後消費者は買い物の際に袋を持参するか、再利用できる厚手の袋を購入することになります。

 

デンマークのエレマン・イェンセン環境食糧大臣は、次のように述べています。

 

「われわれは、“使い捨てをする”という考え方から脱却しなければなりません。そのため、通常ほとんど再利用されることのないプラスチックの袋を禁止することにしたのです。」

 

「プラスチックは自然界では分解速度が非常に遅く、最悪のシナリオでは、最終的に海に流れ着き、海洋環境にダメージを与えます。しかし、プラスチックは食品を長持ちさせるための包装には最適の素材です。そのため、私たちはまず無くしても問題がないものに焦点を当てる必要がありました。レジ袋の禁止から始めるというのは、自然なことだったのです。」

 

今日、デンマークでは1人あたり年間約80枚のレジ袋を利用しているそうです。1993年に有料化されてから袋の消費量は約50%減少しましたが、今回の取り組みでこれをさらに減らしていく狙いがあります。

 

一方、私たちの国日本では、国民1人あたり年間約300枚のレジ袋が使われています。日本全体では約305億枚で、そのほとんどがごみになります。家庭から出るプラスチックごみの約15%がレジ袋なのです。

 

でも、なかなかレジ袋は減りませんね。

 

環境省が、このほどレジ袋の有料化の義務付けを含んだ使い捨てプラスチックの削減戦略の素案を示しました。スーパーやコンビニエンスストアなどの小売業を対象に、2020年度以降の義務化を目指すそうです。

 

皆さんは、これらの現状をどのように考えますか?

今便利な生活を享受できている代わりに、将来へ問題を先送りしていることはないでしょうか?

Pagetop