サービス事例&ニュース

【コラム】4種類の「しげん」

「しげん」という言葉を聞くと何を思い浮かべますか?

ほとんどの人は、「資源」のことを考えると思います。でも、しげんには、4つのステージがあると考えています。

 

 

一つ目は、文字通り、「資源」。地球上にある自然や生物、水、石油などの有限の天然資源です。これらは地球上にある公共物なので、人間だけのものではありません。

 

しかし、人間には、無限の独占欲、所有欲があり、私物化していきます。限度が過ぎれば、森林伐採や二酸化炭素の排出、地盤沈下などを引き起こしていきます。それが「私源」です。

 

さらに、人間の欲求が肥大化すれば、ごみが増えます。海洋プラスチックごみ、埋め立て地に収まらないごみ、原発事故で汚染された土。これらは自然に分解されずに負の遺産として、長期間地球を痛めます。生物を死に向かわせる「死源」です。「死源」をなくすのは簡単なことではありません。

 

ただ、人間には困難を乗り切る智慧や協力し合える心があります。それらをうまく使えれば「私源」や「死源」を減らし、「資源」を維持することも可能なのです。社会問題を解決していくための思考の源である「思源」を増やすことが、大人子供限らず、誰にでも求められるものになります。

 

今回のコロナウイルス禍だけでなく、多くの社会・経済・環境問題は、巨視的に見ると共通しています。

米中の貿易摩擦。
イギリスのEU離脱。
海洋プラスチック問題。
・・・

 

それは、過剰消費と資本の独占に目がくらんでしまったグローバリゼーションの顛末。何千年も前から、人は領土や国を奪い合い、植民地化を繰り返してきました。自分(自国)にない資源や資本を他人(他国)から搾取することは、人間の性とも言えます。

 

人類の文明の発展が農漁業、商業、工業、情報通信業の恩恵を受ける中で、ビジネスの規模の拡大がよりスピーディーにできるようになりました。時間をかけて育ててきた資源(自然、建物、人材)の価値も、グローバリゼーション化の競争の元、近視眼的な利益の前では薄れてきてしまいました。

 

お金を稼ぐ手段も、物々交換、安い労働者の使用、大量生産、プラットフォーム化、マネーゲームとリアルなものからバーチャルなものへ移行してきました。目に見える実物から、目に見えない記号を使う世界への進行が進んできたとも言えます。

 

今回の新型コロナウイルスの感染拡大などの大惨事が起きると、人は一時、目覚めます。「今までのビジネス、ライフスタイルは、どこか行き過ぎていたのではないのか?」と。

 

災害は戦争と違って、全員が被害者です。そこにはお金は絡んでいません。そして、自国だけで問題を解決するのは難しくなります。同じ世界規模の問題でも、各国でCO2排出量の削減目標を掲げる、とかいうのとは次元が異なります。

 

問題解決の緊急度と経済不況の影響度が今までのどの災害よりも長期化する可能性があります。そういう意味では、今回のコロナウイルス禍は、もしかしたら地球からの最後通告なのかもしれません。

 

自国ファーストでこのまま動くのか、世界各国が協調して、資源を共有し、適正に再配分する枠組みをつくっていくのか。国民も自分の損得だけを考えて、資源の独占に走るのか、智慧を絞って資源の最適利用を考えていくのか。その選択が、問われているのだと思います。

 

仮に自国ファーストの方向で進んだとしても、国が国民を一様に監視するシステムでは限界があり、いずれ国民がストや暴動を起こし、結局国の崩壊につながるのではないでしょうか?

 

皆さんは、どんな風に考えますか?

Pagetop

ゴールデンウィーク期間中の営業時間について

平素は、奥富興産株式会社(智光山資源リサイクルセンター)をご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。 ゴールデンウィーク期間中の営業時間は、下記の通りとさせて頂きます。

■一般持込のお客さま:

2020年 4月29日(水) 14:00まで営業 
2020年 4月30日(木) 15:00まで営業 
2020年 5月 1日(金) 15:00まで営業 
2020年 5月 2日(土) 15:00まで営業 
2020年 5月 3日(日) 正午まで営業 
2020年 5月 4日(月) 14:00まで営業 
2020年 5月 5日(火) 14:00まで営業 
2020年 5月 6日(水) 14:00まで営業 
2020年 5月 7日(木) 通常営業

※ゴールデンウィーク前に機密文書処理をお願いする場合は、4月23日(木)の正午までにお願いします。
智光山古紙リサイクルパーク「こしパ」の営業スケジュールこちらからご確認下さい。

 

■取引先各位:

各お取引先には、GW中の営業時間をお知らせしております。 ご不明な点がありましたらお電話にてお問い合わせください。

■ホームページ:

E-mailによるお問い合わせにつきましては、4月24日(金)受信分までは連休前に返信するようにいたします。 但し、お問い合わせ内容によっては、5月7日(木)以降の回答となる場合がありますことをご了承ください。

E-mail:info@okutomi.co.jp

Pagetop

「新型コロナウイルス」による営業状況・感染症防止対策について

■営業状況について

現在のところ、智光山資源リサイクルセンター、智光山古紙リサイクルパーク「こしパ!」ともに営業時間変更・休業の予定はございません。通常通り営業しております。営業時間等の変更がある場合は、弊社ホームページでご案内申し上げます。

 

■感染症防止対策について
弊社では、お客様 及び従業員の健康と安全のため、以下の対策を実施しております。
ご理解を賜りますよう お願い申し上げます。

1. 従業員の健康管理
毎日 発熱や風邪の症状の有無を確認しています。
37.5℃以上の発熱が3日以上ある従業員は、出勤しないように指示しています。

2. 手洗い・アルコール消毒・うがいの徹底
感染症防止の有効な対策として、手洗い・アルコール消毒・うがい を従業員全員が徹底して実施しています。

3. お客様用アルコール消毒液を事務所入口に設置しております。

4. マスクの着用と車両・事務所の清掃
取引先でのマスクの着用、車両や事務所のこまめな清掃を周知しております。

 

奥富興産株式会社

Pagetop

ユニセフへの寄付実績(3月分)

先月、当社へ個人で持ち込みして下さった件数は、把握できた数字として、

871人

でした。

ユニセフへの累計寄付金額は

372,950円

になります。皆様のご協力に感謝します。

3月は新学期、新年度に向けての掃除をする方や引っ越しの方もいらっしゃって、古紙に加え古着を持ち込む方が多かったです。また、新型コロナウイルスの感染拡大により、学校や職場へ行けない方が書類を整理することも多かったようです。

古紙や古着を持ち込むたびに10円がユニセフへ寄付され、世界の子どもたちのために役立てられることになります。
寄付金は、毎年12月末までの数字をまとめたものを今月に送る予定です。 引き続き、よろしくお願いいたします。

 

Pagetop

ニュースレターを更新しました(2020年春号)

今年はいよいよ東京五輪が開催されますが、新型肺炎の影響が心配されます。

東日本大震災から9年が経過しましたが、かつて当たり前にあった人々の交流は途絶えてしまいました。
お金や資源が一部の人間に偏っている社会では、世代を超えて伝えていくことの意義が薄れているように感じます。
その先に何があるのでしょうか?

 

今号のニュースレターでは、コラムで、企業価値と社会価値について考えてみました。

レジ袋の有料化やプラスチックストロー廃止などの取組みが進む中で、古紙やプラスチックのリサイクルシステムの維持が難しくなっています。新型コロナウイルスの感染拡大により、働き方や消費活動を大きく変えることを余儀なくされていますが、これも社会的コストをどのように負担していくのかという視点で見ると、共通するものがあります。

世の中の様々な問題も、その本質は何なのかを巨視的に考える必要がありります。時間をとって、ぜひお読み下さい。

 

ニュースレター_2020_spring

Pagetop