サービス事例&ニュース

【こしパ】年末お片付けキャンペーンのご案内

智光山古紙リサイクルパーク こしパ!では、12/13(金)~12/27(金)に、「年末お片付けキャンペーン」を開催します!

期間中は、シーパからのクリスマスプレゼントとして、こしパ!のポイントを2倍にします。

引っ越し、大掃除、断捨離、遺品整理などで出た古紙をお持込み頂き、たくさんポイントを貯めて下さいね。

 

Pagetop

許可証情報を更新しました

プライバシーマークの登録証が無事更新されました。

有効期限: 2019年10月17日~2021年10月16日

許可証はこちらのページからダウンロードできます。

Pagetop

ユニセフへの寄付実績(11月分)

先月、当社へ個人で持ち込みして下さった件数は、把握できた数字として、

800人

でした。

ユニセフへの累計寄付金額は

340,540円

になります。皆様のご協力に感謝します。

11月は遅い衣替えの影響もあってか、古紙に加え古着を持ち込む方が多かったです。ありがとうございます。

古紙や古着を持ち込むたびに10円がユニセフへ寄付され、世界の子どもたちのために役立てられることになります。
寄付金は、毎年12月末までの数字をまとめたものを今月に送る予定です。 引き続き、よろしくお願いいたします。

 

 

Pagetop

【LOOB】カレンダー募金は12月10日で締切りです

弊社でのビジネスパートナーで、フィリピンでエコ雑貨の製作などをしているLOOBが、「カレンダー募金プロジェクト」を行っています。

カレンダー募金に5つ付いてくるコーヒーが大好評で、すぐに完売したのでもう50セット入荷しました!
募金しようと思っていてまだの方、こちらから。

カレンダー募金の締め切りは12月10日(火)です。

 

「カレンダー募金プロジェクトとは?」

現地NGO LOOBでは、毎年秋にフィリピン人と日本人スタッフが力を合わせ、支援先の子ども達の表現力を引き出しながらカレンダーを協働で制作しています。1,000円の募金につきカレンダー1冊をお送りします。
皆様から頂いたカレンダー募金の集計から制作費や送料などの経費を差し引いた全額が翌年度の教育サポート基金となります。

今年のテーマは、STRUGGLE FOR BETTER TOMORROW - 子ども達と考えるSDGS -

フィリピンの子ども達の就学を応援するLOOBのカレンダー募金は、今年で10年目となりました。
節目となる2020年のカレンダーのテーマは、「子ども達と考えるSDGs」。先進国・発展途上国を問わず、世界市民の1人として人類全員が推進し、達成すべき目標である持続可能な開発目標(SDGs)と、LOOBの取り組みがどう繋がっているのか?ジュニアリーダー達と一緒に、創りたい10年後(もしくは2030年)の未来を考えていける内容になっています。あなたも一緒にSDGsを達成した後の未来をのぞいてみませんか?

Pagetop

機密文書処理の予約はお早めに

 

11月に入り、機密文書処理のお問い合わせや持込が増えてきております。

企業の決算や棚卸、新年度に向けての準備などで、書類の整理・処分をしているお客さまが増えているのでしょうか。
大量の文書の処理をご希望のお客さまは、早めに予約されることをオススメいたします。

最近は、企業のお客さまはもちろん、個人のお客さまでも、退職や引っ越しなどを機に機密文書・個人情報文書をお持ち込みされる方もいらっしゃいます。お客さまの声として、よく頂くのは例えばこんなものです。

「会社関係ではなく、個人関係の文書処理もやって頂けるのですね。」

「今まではシュレッダー処理しているけど、こういうサービスがあるのは知らなかった。」

「段ボール1箱からでも処理できるのはありがたいです。」

「少量でも引き取りに来て頂けるのですね。」

「思ったよりも料金が安くて安心しました。」

「焼却処分でなくリサイクル処分できるのは環境面からも良いこと。」

 

【初めてご利用される方への注意事項】

古紙・機密文書のリサイクルの際に、混入してはいけない物を禁忌品(きんきひん)と言います。
細断処理の場合は、ホチキス針はOKですが、クリアファイル、留め具がついたバインダー等は取り外して下さい。
また、写真やカーボン紙など水に溶けにくいなどの理由によりリサイクル原料に適していません。
詳しくは、こちらをご覧ください。

Pagetop