社会貢献活動

ユニセフへの寄付実績(11月分)

先月、当社へ個人で持ち込みして下さった件数は、把握できた数字として、

 

858人

 

でした。

 

ユニセフへの累計寄付金額は、

 

536,450円

 

になります。皆様のご協力に感謝します。

 

11月も多くの方に来て頂きました。古布の受け入れの再開予定についてのお問い合わせを頂いておりますが、まだ出荷先の受け入れ体制が十分ではないので中止しております。お急ぎの方は、各自治体の回収日にお出しください。

 

こしパ!は月曜日から土曜日まで営業しています。買い物や行楽のついでに気軽にお越し下さい。近くには、智光山公園サイボクなどのお出かけスポットもあります。大掃除や断捨離をした日は、古紙をこしパ!へお持ち込み下さい。

 

古紙を持ち込むたびに10円がユニセフへ寄付され、世界の子どもたちのために役立てられることになります。新型コロナウイルスが世界中に蔓延しており、多くの子供の命が奪われています。最も弱い立場にいる子供たちを守るための行動が必要となります。

寄付金は、毎年12月末までの数字をまとめたものを送る予定です。 引き続き、よろしくお願いいたします。

 

 

Pagetop

ユニセフへの寄付実績(10月分)

先月、当社へ個人で持ち込みして下さった件数は、把握できた数字として、

 

783人

 

でした。

 

ユニセフへの累計寄付金額は、

 

527,870円

 

になります。皆様のご協力に感謝します。

 

10月も多くの方に来て頂きました。古布の受け入れの再開予定についてのお問い合わせを頂いておりますが、まだ出荷先の受け入れ体制が十分ではないので中止しております。お急ぎの方は、各自治体の回収日にお出しください。

 

こしパ!は月曜日から土曜日まで営業しています。買い物や行楽のついでに気軽にお越し下さい。近くには、智光山公園サイボクなどのお出かけスポットもあります。自粛生活が続き、気持ちが晴れやかにならない日は、お掃除をして古紙をこしパ!へお持ち込み下さい。

 

古紙を持ち込むたびに10円がユニセフへ寄付され、世界の子どもたちのために役立てられることになります。新型コロナウイルスが世界中に蔓延しており、多くの子供の命が奪われています。最も弱い立場にいる子供たちを守るための行動が必要となります。

寄付金は、毎年12月末までの数字をまとめたものを送る予定です。 引き続き、よろしくお願いいたします。

 

また、狭山市の新成人を応援する写信プロジェクトにもぜひご参加下さい。新成人のご家族はもちろんのこと、新成人を応援したい方はどなたでも参加出来ます。11月20日(土)まで受け付けております。

詳細はこちらから。

Pagetop

狭山市に芝刈り機等を寄贈

2021年10月6日
奥富興産株式会社

 

奥富興産株式会社(本社:埼玉県狭山市、代表取締役:奥富 猛)は、地域への社会貢献の一環として、狭山市に芝刈り機等を寄贈しました。

 

入間川とことん活用プロジェクトの一環として、今年3月に「入間川にこにこテラス」がオープンしました。
全国初の河川敷スタバが県内外から注目されるなど、入間川河川敷の利用価値は今後益々高まっていくと思われます。

 

弊社は、紙の再生を軸に事業を行っていますが、森林保全や環境保護に向けた活動にも長年取り組んでまいりました。今回の草刈機寄贈はその一部として考えており、にこにこテラスを含めた狭山市内の景観維持や市職員の皆様の作業効率向上につながれば幸いです。

 

Pagetop

ユニセフへの寄附実績(9月分)

先月、当社へ個人で持ち込みして下さった件数は、把握できた数字として、

 

829人

 

でした。

 

ユニセフへの累計寄付金額は、

 

520,040円

 

になります。皆様のご協力に感謝します。

 

9月も多くの方に来て頂きました。古布の受け入れの再開予定についてのお問い合わせを頂いておりますが、まだ出荷先の受け入れ体制が十分ではないので中止しております。お急ぎの方は、各自治体の回収日にお出しください。

 

こしパ!は月曜日から土曜日まで営業しています。買い物や行楽のついでに気軽にお越し下さい。近くには、智光山公園サイボクなどのお出かけスポットもあります。自粛生活が続き、気持ちが晴れやかにならない日は、お掃除をして古紙をこしパ!へお持ち込み下さい。

 

古紙を持ち込むたびに10円がユニセフへ寄付され、世界の子どもたちのために役立てられることになります。新型コロナウイルスが世界中に蔓延しており、多くの子供の命が奪われています。最も弱い立場にいる子供たちを守るための行動が必要となります。

寄付金は、毎年12月末までの数字をまとめたものを送る予定です。 引き続き、よろしくお願いいたします。

 

また、狭山市の新成人を応援する写信プロジェクトにもぜひご参加下さい。

詳細はこちらから。

 

Pagetop

【プレスリリース】新成人に手紙と応援メッセージを贈り応援する「狭山市 写信プロジェクト2021」の募集を開始!

製紙原料古紙をリサイクルする奥富興産株式会社(所在地:埼玉県狭山市、代表取締役::奥富猛)は2021年9月10日(金)から狭山市の新成人に手紙と応援メッセージを贈る「狭山市 写信プロジェクト2021」(以下、「写信プロジェクト」)をスタートしました。

 

■「 写信プロジェクト」とは

写信プロジェクトは、紙と言葉で思いをつないでいく取り組みです。
新成人のご家族には、プロジェクトに申し込むとオリジナル便箋が無料で届きます。また、先着30名にはクオカードも送りますので、お子さんへ手紙と共にお渡し下さい。書いた手紙は皆さんにシェアしたいので、プロジェクト事務局まで写真を撮って送ってください。

市民サポーターの皆さんは、(1)古紙を持ち込む、(2)応援メッセージを送る、の2つの応援方法があります。持ち込んだ古紙の収益金で、便箋やクオカードの制作費に充てます。応援メッセージを送ることで、新成人に元気や勇気を与えることができます。また、協力して頂いた方には抽選で30名の方にギフト(クオカードなど)が当たります。

 

 

■「写信プロジェクト」の概要

プロジェクト名:狭山市 写信プロジェクト2021
募集期間:2021年9月10日(金)~11月20日(土)
URL:https://www.sayamashashin2021.com
主催:写信プロジェクト2021実行委員会
協力:狭山市・狭山市ビジネスサポートセンター・奥富興産株式会社

 

■「写信プロジェクト」の経緯・背景

コロナ禍で1月に予定されていた埼玉県狭山市の成人式ができませんでしたが、11月23日(火)に開催されることになりました。人と会うことが制限され、誰かに想いを伝える機会が減っている中で、20年という人生の節目を迎える若者たちを応援するためのプロジェクトです。

 

新成人のご家族がお子さんへ手紙を書くことと、サポーターの皆さんが新成人へ応援メッセージを贈ることで、逆境の中で社会に飛び出る若者たちを応援します。中国では手紙を書くことを「写信」と書きます。自分の信じていることを紙に写すという意味です。新成人の皆さんはご家族からの手紙だけでなく、市民サポーターからのメッセージをもらうことで、一歩前へ進むきっかけになるかもしれません。

 

■新成人へ届ける便せん
「想いがにじむ、紙にインクがにじむ」をテーマにして、優しさとぬくもり、未来への希望が伝わるデザインです。また古紙を配合したファインペーパーとなっています。新成人のご家族はどちらかお好きなデザインを選ぶことができます。

 

◆Singing Bird
これから新しい世界に羽ばたいていく様子を楽しく自由に空を舞う鳥と狭山の自然で表現したデザイン

 

◆Bouquet
「想い」という花束をお祝いに添えるという意味を込めた優しさと温かみのあるデザイン

 

 

■今後の展望

奥富興産は、2024年に創業100年を迎えます。ユニセフへ寄付をする取り組みでは、2015年7月から延べ30,000人以上の方が協力しています。フィリピンにあるNGOや市内の子ども食堂の支援など社会問題・環境問題にも長年取り組んできました。今後も紙を軸としたリサイクル創造事業を展開し、ごみという言葉がなくなる豊かな社会の実現を目指してまいります。

 

■SDGsの取り組み: https://www.okutomi.co.jp/sdgs/

 

【本件に関するお問い合わせ先】
会社名:奥富興産株式会社
担当:奥富 宏幸
電話:04-2952-3332
担当者携帯:090-5539-5505
E-Mail:hiroyuki.okutomi@okutomi.co.jp

Pagetop