プロモーション

文書の廃棄計画はお早めに

3月は企業の決算や棚卸、新年度に向けての準備などで忙しくなることと思います。また個人事業主の皆さんは確定申告を終えれば、不要な書類の整理を考えていることと思います。

 

テレワークにシフトしている会社も増えていますので、今のうちから会社の文書をルールを決めて廃棄する計画を立てていきましょう。3月、4月は機密文書処理の予約が増えますので、大量の文書処理をご希望のお客さまは、早めに予約されることをオススメいたします。

 

最近は、企業のお客さまはもちろん、個人のお客さまでも、退職や引っ越しなどを機に機密文書・個人情報文書をお持ち込みされる方もいらっしゃいます。お客さまの悩みとしては、こんなものが多いです。

 

「在宅勤務を始めて、印刷する書類が増えた」
「会社で使用する文書を自宅に長期間保管するのは不安」
「不要な文書を家庭ゴミと一緒に捨てることに抵抗がある」
「文書の保管スペースがなく、こまめに処分したい」
「家に捨てきれないハガキや手紙がたくさんあり困っている」
「子どもの成績表や日記帳の処分はどうしたらいいの?」

 

当社の特長としては、

 

スピード処理
原則2営業日以内に確実に処理。集荷から機密抹消まで自社で完結。外部委託一切なし。
選べる処分方法
郵送・引取・持込とお客さまの希望に応じて処分方法を選べます。立ち会いも可能。
SDGsにも貢献
処理済み書類は再生紙としてリサイクル。焼却処分や直接溶解処分よりもリスクと環境面で優位。
安心・安全対策
専用施設、防犯カメラを完備。機密文書裁断抹消処理士が確実に処理。プライバシーマーク取得。

 

ぜひ、当社の機密文書処理サービスをご利用下さい。

 

【初めてご利用される方への注意事項】

古紙・機密文書のリサイクルの際に、混入してはいけない物を禁忌品(きんきひん)と言います。裁断処理の場合は、ホチキス針はOKですが、クリアファイル、留め具がついたバインダー等は取り外して下さい。また、写真やカーボン紙など水に溶けにくいなどの理由によりリサイクル原料に適していません。詳しくは、こちらをご覧ください。

Pagetop

ユニセフへの寄付実績(1月分)

先月、当社へ個人で持ち込みして下さった件数は、把握できた数字として、

791人

でした。

ユニセフへの累計寄付金額は

455,450円

になります。皆様のご協力に感謝します。

 

1月も多くの方に来て頂きました。古布の受け入れの再開予定についてのお問い合わせを頂いておりますが、まだ出荷先の受け入れ体制が十分ではないので中止しております。お急ぎの方は、各自治体の回収日にお出しください。

行政の古紙回収は毎月決まった日に出さなければいけないですが、こしパ!は月曜日から土曜日まで営業しています。買い物や行楽のついでに気軽にお越し下さい。近くには、智光山公園サイボクなどのお出かけスポットもありますので、買い物や散歩のついでに是非お越し下さい。

 

古紙を持ち込むたびに10円がユニセフへ寄付され、世界の子どもたちのために役立てられることになります。新型コロナウイルスが世界中に蔓延しており、多くの子供の命が奪われています。最も弱い立場にいる子供たちを守るための行動が必要となります。

寄付金は、毎年12月末までの数字をまとめたものを送る予定です。 引き続き、よろしくお願いいたします。

 

Pagetop

【プレスリリース】在宅勤務者向け機密文書処理サービス「シュレコ便」を 2月1 日スタート!

2021.01.26 10:00
奥富興産株式会社

 

奥富興産株式会社(本社:埼玉県狭山市、代表取締役:奥富 猛)はこのたび、在宅勤務者向け機密文書処理サービス「シュレコ便」を2月1日(月)より開始いたします。

 

昨年の緊急事態宣言下以降、テレワークを実施した企業の 82%がテレワークを継続している(出典:アデコ株式会社)と言われるように、新型コロナウイルス感染拡大による在宅勤務の急増により、会社関係の契約書などの機密文書処理が必要な範囲が企業内から個人宅へ拡大しています。

 

そこで、2003年より企業向け機密文書処理サービスを提供している奥富興産株式会社では、在宅勤務者を対象にした機密文書処理サービス「シュレコ(シュレッダー+エコ)便」を 2 月 1 日よりスタートしました。「在宅勤務を始めて、印刷する書類が増えた」「不要な文書を家庭ごみと一緒に捨てることに抵抗がある」「文書の保管スペースがなく、こまめに処分したい」という在宅勤務者はもちろん、「家に捨てきれないはがきや手紙がたくさんあり困っている」「古い通帳や公共料金の支払い票などの処分方法がわからず、貯めこんでいる」という方まで、安心・安全に処分することが可能です。

 

■シュレコ便の特徴
シュレコ便は、他社と比較して以下5つの特徴があります。

 

①最短 1 日でのスピード処理:
お預かりしてから原則 2 営業日以内に確実に処理致します。また、オプション対応にてお預かりした当日に処理することも可能です。

②自社で回収~処理まですべて完結:
集荷から機密抹消まで外部委託を一切行わず自社で完結。機密文書の紛失や盗難、個人情報漏えいのリスクが最小限になります。ご希望により文書処理の立ち合いも可能です。専用施設には防犯カメラも完備し、セキュリティー対策も万全です。

③機密文書処理のプロが処理:
一般社団法人全日本機密文書裁断協会が認める「機密文書裁断抹消処理士」が確実に処理をします。官公庁や行政機関など過去 2,217 件の処理実績があります。

④選べる3つの処分方法:
会員登録不要でお客様のご希望に合わせて「持込」「回収」「郵送」の 3 つの処分方法の中から選ぶことができます。

⑤環境にもやさしいエコな処理:
焼却処分や直接溶解処分より機密漏えいリスクが低く、環境面への負荷も配慮した「破砕処理」を採用しています。処理された機密文書は製紙メーカーにより溶解処理され、トイレットペーパーや再生紙としてリサイクルされ、SDGs にも貢献しています。その他詳細と申し込みは、特設ホームページ( https://www.surecobin.okutomi.co.jp/ )を参照ください。

 

 

本プレスリリースに関するお問い合わせ先

奥富興産株式会社
〒350-1322 埼玉県狭山市大字下広瀬782番地2

TEL:
04-2952-3332
担当:
奥富 宏幸
E-mail:
hiroyuki.okutomi@okutomi.co.jp
 

Pagetop

【ご報告】日本ユニセフ協会へ寄付を実施しました

当社では、社会貢献活動の一環として、古紙や古着を持ち込むたびに10円を財団法人日本ユニセフ協会へ寄付し、世界の子どもたちのために役立てる活動を行っております。

 

昨年に当社へ古紙を持ち込んだお客さまの人数は、把握できただけで9,821人でしたので、1月7日に日本ユニセフ協会へ98,210円を寄付させて頂きましたこの取り組みを始めて5年になりますが、地道に継続した支援を行うことを目指してまいります。たくさんの方にお越し頂きまして、誠にありがとうございました。

 

 

2017年にオープンした智光山古紙リサイクルパーク「こしパ!」も多くのお客さまにお持ち込みいただいております。これからもリサイクル活動を通して社会に少しでも貢献できるよう、出来ることを一歩一歩進めてまいりたいと考えております。

引き続き、皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。

 

Pagetop

ユニセフへの寄付実績(12月分)

先月、当社へ個人で持ち込みして下さった件数は、把握できた数字として、

972人

でした。

ユニセフへの累計寄付金額は

447,540円

になります。皆様のご協力に感謝します。

 

先月も12月ということで多くの方に来て頂きました。古布の受け入れの再開予定についてのお問い合わせを頂いておりますが、まだ出荷先の受け入れ体制が十分ではないので中止しております。お急ぎの方は、各自治体の回収日にお出しください。

行政の古紙回収は毎月決まった日に出さなければいけないですが、こしパ!は月曜日から土曜日まで営業しています。買い物や行楽のついでに気軽にお越し下さい。近くには、智光山公園サイボクなどのお出かけスポットもありますので、買い物や散歩のついでに是非お越し下さい。

 

古紙を持ち込むたびに10円がユニセフへ寄付され、世界の子どもたちのために役立てられることになります。新型コロナウイルスが世界中に蔓延しており、多くの子供の命が奪われています。最も弱い立場にいる子供たちを守るための行動が必要となります。

寄付金は、毎年12月末までの数字をまとめたものを送る予定です。 引き続き、よろしくお願いいたします。

 

Pagetop