コラム・豆知識・本

【コラム】デンマークは買い物袋を持参する国へ

プラスチックごみの問題が世界的に高まっている中で、デンマーク政府は、店舗での薄いプラスチック製の袋の提供を全面的に禁止する方針を発表しました。

また、素材や大きさを問わず、商品を入れるための袋を無料で提供することも同時に禁止するようです。

【参照サイト】Danish government bans lightweight plastic carrier bags

 

デンマーク環境食糧省は商工会議所や生協と協定を締結し、2023年までに袋の使用量を50%削減することを目指すとのこと。この取り組みにより、今後消費者は買い物の際に袋を持参するか、再利用できる厚手の袋を購入することになります。

 

デンマークのエレマン・イェンセン環境食糧大臣は、次のように述べています。

 

「われわれは、“使い捨てをする”という考え方から脱却しなければなりません。そのため、通常ほとんど再利用されることのないプラスチックの袋を禁止することにしたのです。」

 

「プラスチックは自然界では分解速度が非常に遅く、最悪のシナリオでは、最終的に海に流れ着き、海洋環境にダメージを与えます。しかし、プラスチックは食品を長持ちさせるための包装には最適の素材です。そのため、私たちはまず無くしても問題がないものに焦点を当てる必要がありました。レジ袋の禁止から始めるというのは、自然なことだったのです。」

 

今日、デンマークでは1人あたり年間約80枚のレジ袋を利用しているそうです。1993年に有料化されてから袋の消費量は約50%減少しましたが、今回の取り組みでこれをさらに減らしていく狙いがあります。

 

一方、私たちの国日本では、国民1人あたり年間約300枚のレジ袋が使われています。日本全体では約305億枚で、そのほとんどがごみになります。家庭から出るプラスチックごみの約15%がレジ袋なのです。

 

でも、なかなかレジ袋は減りませんね。

 

環境省が、このほどレジ袋の有料化の義務付けを含んだ使い捨てプラスチックの削減戦略の素案を示しました。スーパーやコンビニエンスストアなどの小売業を対象に、2020年度以降の義務化を目指すそうです。

 

皆さんは、これらの現状をどのように考えますか?

今便利な生活を享受できている代わりに、将来へ問題を先送りしていることはないでしょうか?

Pagetop

【コラム】経済性と社会性の両立

経済がグローバル化し、安い、早い、便利な商品・サービスを享受できる時代になりました。
物質的には、私たちの生活は豊かになりました。

でも、何か満たされない感覚の人々が多いように思います。

それはなぜなのでしょう?

 

ごく限られた企業や個人に富と権力が集中する行き過ぎた資本主義社会に異を唱える人たちが、社会主義に近いような考え方を支持する動きも見られます。自国第一主義を掲げポピュリズムが台頭しています。

 

国、社会、企業、個人のレベルで、共に成長・発展するためには、何が必要なのでしょうか?

キーワードの一つに、「経済性」と「社会性」の両立があると思います。

 

企業は社会の一部であり、
個人も社会の一部です。

 

社会をより良くしていこうと思ったら、
個人でも企業でもできることはいろいろあります。

 

企業は、社会の中で自己完結できる存在ではなく、
企業と社会が距離を縮め、
互いに支えあい、発展していかなかければなりません。

 

経済性と社会性の両立を実現するために、ハーバード大学のマイケル・ポーター教授は、Creating Shared Value(共益の創造)という考えを提唱しています。社会問題の解決と企業の競争力向上の両立を目指す取り組みを3つの方向性で説明しています。

 

1. 社会課題を解決する新製品・サービスの創出

自社の独自資源と強みを、社会が抱える課題に照らし合わせ、新しい製品やサービスによって解決することを強く打ち出すものである。
新エネルギーやBOPビジネスが一例で、環境問題、貧困問題の解決に一役買っている。

 

2. バリューチェーンの再定義による生産性の底上げ

ポーター教授は、新しい意味でのバリューチェーンを再構築するための視点として、以下の6つを挙げています。

• エネルギーの有効利用と物流コスト・在庫削減など
• リサイクル・リユースによるコスト削減、ゴミ処理量の削減など
• サプライヤーの育成を通じた原材料の安定調達・生産性の向上など
• マイクロファイナンス、電子媒体による情報流通シフトなどによる途上国の発展など
• 従業員の安全、健康、能力を維持・向上による従業員の生産性の底上げ
• ローカル調達の拡大、雇用創出による地域の発展など

 

3. 経営資源の集積と共生による地域発展

企業が競争力を高め、地域も発展していくためには、産官学が独自資源と強みを磨きあげ、結びつき、時には競い合い、時には支援し合う関係を維持してかなければならない。

CSVの取り組みをにおいて、地域社会は企業が提供した価値をすぐに受け取ることができても、企業は投資の見返りとなる価値をすぐには受け取れないことが多い。社会と企業の距離を縮め、同じ価値を見つけ、共有できる環境を整備するのは行政の役割なのかもしれない。

 

これらは、とても示唆に富む考え方だと思います。
これからは、個人、企業、社会の垣根を超え、「より良い社会」の実現に向けた取り組みが求められます。

日本にも昔からあった、売り手よし(企業)、買い手よし(顧客)、世間よし(社会・地球環境)の「三方よし」の考え方がありました。
もう一度新しい視点を入れて考え直すべき時期なのでしょう。

 

Pagetop

【豆知識】フェアトレードで気軽に国際協力しませんか?

フェアトレードとは、途上国の社会的立場が弱い人々(例えば貧困層の人、少数民族、都市スラムに住む人、女性など)が作った商品を直接取引することで、中間マージンを押さえ、生産者の現金収入を増やす貿易の仕組みです。従来の大資本による大量生産では、生産者への賃金が公正に支払われなかったり、環境に対する配慮が欠けている場合がありました。

 

LOOBは、2007年からごみ投機場周辺住民の新しい生計となるジュースパック製品を制作しています。生産者のキャパシティ・ビルディング(製法技術、会計知識などの向上)を行いながら、毎月一定額の製品を購入することで、生産者の生計の安定を目指しています。非営利で実施し、生産者に仕事の機会を提供するだけでなく、リサイクル素材の利用により環境への意識を高める活動も行っています。

生産者の方々は、これまでのごみ拾いという不衛生な仕事から卒業し、自分の作った製品で子ども達を養えるようになりました。コミュニティ全体で一つの製品を作り上げていくことから、地域の再生や活性化にもつながっています。

LOOBのフェアトレードでは、生産者と消費者の距離が近いため、両者にとってフェアな価格で取引できます。
天然材料を使ったり、地球に優しいリサイクル素材が多いことも特徴です。
フェアトレードの製品を買うことは、地球やコミュニティが抱えているたくさんの問題を、少しずつ、解決してくれるのです。フェアトレードによるちょっぴりの国際協力にあなたもぜひ参加してください。

当社では、LOOBのエコ雑貨を特別価格で販売しております。「こしパ!」へ古紙をお持ち込みの際にお気軽に事務所へお立ち寄り下さい。

※商品の販売は平日のみとさせていただきます。
※一つ一つの商品はすべて手作りですので、数量には限りがあります。また、在庫がなくなった場合は、次回発注時までお待ち頂くことがありますので、あらかじめご了承ください。

Pagetop

【豆知識】プラスチックごみで溢れかえる?

5月9日(水)のNHK「クローズアップ現代」で、『ペットボトルごみがついに限界!? ~世界に広がる“中国ショック”~』という番組を放映していました。

これまで、日本を含め多くの国が中国へペットボトルなどの廃プラスチックを輸出してきました。資源不足に悩む中国も、海外から資源ごみを輸入し、リサイクルする方法を選んでいたのです。特に先進国が消費した膨大な廃プラスチックは、石油原料よりはるかに安い、貴重な資源でしたので、中国の輸入量は、年々増加しました。

2000年代に入ってからは、200万トンを突破し、ついに、世界の廃プラスチックの6割を輸入するまでになりました

しかし、廃プラスチックの処分には手作業による選別が必要となり、人件費の安い農民が、丁寧に仕分け、汚れを洗い落としています。その時に出る汚泥や、洗浄に使う薬品の多くが、川などにそのまま流され、深刻な環境汚染を引き起こしました。

 

また、経済発展が著しい中国では、国内のプラスチックごみが増え続けたことで、海外からの資源ごみの輸入規制を打ち出したのです。

ペットボトルを含め、多くのプラスチックごみが行き場を失い、アメリカでは、3分の1以上の州に影響が出ていて、処理しきれない廃棄物があふれている所もあると訴えています。日本でも、今まで中国への輸出に頼ってきた業者が悲鳴を上げている状況です。

日本では、国民1人あたり年間約300枚のレジ袋が使われています。日本全体では約305億枚で、そのほとんどがごみになります。家庭から出るプラスチックごみの約15%がレジ袋だと知っていましたか?

EUに加盟するすべての国が,2025年まで使い捨てレジ袋の使用を1人あたり年間40枚までに削減すると決めています(The Epoch Times Aug 31 2016)。そして、EUに加盟する28カ国は,廃止令や追加料金を徴収するなどの手を打ってレジ袋を減らす取り組みを始めています。

アメリカやその他の国でも、レジ袋やプラスチック容器の使用を規制したり、禁止したりする動きがあります。

 

プラスチックごみの弊害として、目に見えない小さなプラスチックの破片や粒(マイクロプラスチック)が海に流出し、プラスチックを食べてしまって内臓がつまり、死んでしまったクジラや鳥も発見されています。

人類がこれまでにつくり出したプラスチックは83億トン。これはシロナガスクジラ8000万頭分の重さと同じだそうです。そのうち約8割がごみになっていて、アメリカの大学の研究ではこのままいくと2050年にはプラスチックごみが現在の約2倍の120億トンに増えるそうです。

普段何気に飲んでいるペットボトル飲料ですが、将来は紙容器やアルミ缶の飲料が増えるかもしれません。もちろん、マイバッグやマイボトルを持って買い物をするなど、一人一人が使用する本数を減らしていくことも考えていかなければいけませんね。

※出典:鈴木有子(2018)「リサイクルと環境のねだん」大月書店.

Pagetop

【コラム】地域コミュニティー活性化につながる集団回収

先日、ある団体の集団回収に参加させて頂きました。

こちらの集団回収は、毎年数回行っていますが、いつもたくさんの古紙やアルミ缶が集まります。地域の方が戸別訪問して古紙などを回収し、車で学校に集めるのです。

集団回収のメリットとしては、紙は資源として確実に回収されるうえ、回収日が決まっていれば、家庭での古紙の整理もしやすくなります。

今回参加してみて感じたのは、地域の大人と子供が何か一つの事を協力して行うのは、本当に価値のあるものだということです。

少子高齢化や社会的孤立が問題になっている今日で、地域の人々が関わりを持つ場ことができる集団回収は、いろんな可能性を秘めているのではないかと思います。

自治体からの奨励金をもらい、そのお金を有効活用することができるのも一つです。

ある自治体は、地域の祭りや自治体の備品購入に活用したり、ある社会福祉団体は、障害者の賃金の一部に充てたり、ある団体は、東日本大震災の義援金として使ったりしています

集団回収を地域コミュニティーの活性化の機会ととらえ、集団回収と地域のイベントをコラボさせるのも面白いかもしれませんね。アイデア次第で、いろいろ考えられそうです。集団回収の可能性を感じました。

集団回収をして、たくさんの古紙類が集まるのを見て、感じたこと。

「利便性」「経済性」「所有」の果てなき追求の旅は、終わる時が来るのでしょうか?
一方で、「社会性」「精神性」「共有」の価値観が社会に浸透していくのでしょうか?
Pagetop