お客さまの活用事例

【活用事例】中古書籍や古着の仕入先拡大

【業種】 書籍・アパレルリユース事業 

【品目】 本・古着

【お客さまからの声】

「アマゾンをはじめとしてネットで買い物をする人が増え、電子書籍の普及やライフスタイルの変化もあって、店頭に古本を持ってくるお客さまが減少していることに悩んでいました。

商品の品ぞろえを増やして、他社との差別化を図っていきたいと考えている中で、古本や古着を安定して集めている奥富興産様に相談させていただきました。

商品価値の高いものを当社で選んで仕入れることができるので費用対効果も高く、良い商品があればあらかじめ取っておいてくれることも非常にありがたいです。今後もいろいろな面で協力して頂ければ幸いです。」

【当社コメント】

「チェーン展開されている中古書籍店から古本を仕入れたいというご相談を頂きました。
当社としても集めた古本や古着を再度市場に出して販売して頂けることは、リサイクル&リユースの視点からも社会的価値のあることだと考えています。このような取り組みは、今後も積極的に実施していきたいです。」

 

Pagetop

【活用事例】狭山市内の小中学校で牛乳パックをリサイクル

【業種】 狭山市内の小中学校 

【品目】 牛乳パック

【お客さまからの声】

「今までは狭山市内の小中学校で飲み終わった牛乳パックは焼却処分していましたが、資源保護と環境教育の一環として、リサイクルすることを市の方針として決定いたしました。市内の小中学校をすべてまわり、牛乳パックを回収して頂き、本当に感謝しております。

また、各校にトイレットペーパーも配布して頂き、子供たちも自分たちが飲んだ牛乳パックがリサイクルされたことを実感できて喜んでおります。(学校給食センターの担当者さま」

【当社コメント】

「子供たちが飲んだ牛乳パックを「焼却」ではなく、「リサイクル」することを決定したことは、子供たちの環境教育の面からも非常に意義のあることだと思っております。当社としましても、今後も出来る範囲で協力させて頂ければと思います。」


 

Pagetop

【活用事例】不要になったカタログやチラシの処分

【活用事例】余った大量のカタログやチラシの処分

【業種】 印刷会社、チラシ配布会社 

【品目】 カタログ、チラシ

【お客さまからの声】

「カタログやチラシを制作しても、古くなったものや配布できないものは処分しなければいけませんでした。カタログやチラシは重いので、捨てるにも困っていました。

市の回収に出すのも手間や費用の問題、個人情報の関係で捨てることができませんでしたが、奥富興産さんには、いつでも無料で持ち込めるので非常に助かっています。今後も、よろしくお願いします。」

【当社コメント】

「カタログやチラシ類は重く、捨てるのも大変だ。」いう話をお客さまからよくお聞きします。貴重な紙資源ですので、焼却処分はせずに当社にお持ち込み下さい。リサイクルすることで再生紙へと生まれ変わります!」
Pagetop

【活用事例】解体した製造ラインの買取り

【業種】 飲料事業 

【品目】 解体した製造ライン

【お客さまからの声】

「新しい製造ラインを設置するにあたり、解体した旧製造ラインを産業廃棄物ではなく、金属スクラップとして買い取って頂きました。

大型の車両(10トン車)を弊社の予定通りに数台手配して頂き、確実に処理して頂きました。
事前に金属スクラップ処理工場も見学させて頂き、安全に適正に処理していることを確認しました。
迅速で丁寧な対応にはいつも感謝しております。」

【当社コメント】

「当社は古紙のリサイクルがメインではありますが、金属スクラップの回収・処分も長い間やっております。

今回は急な依頼ということで、お客様から近く、安全に確実に処理できる会社として当社を選んで頂きました。
重量物はやはり輸送中の荷物の落下などのリスクがありますので、処理までの移動距離、時間も重要な要素だと思います。」
Pagetop

【活用事例】自治体関係者が製紙工場を見学しました

【お客さまからの声】
「私たちの市で集めた古紙が奥富興産様で選別・加工される過程は見学させてもらいましたが、その先で、どのようにリサイクルされるのかを実際に見ることが出来て、とても良い機会になりました。市民の方への情報提供にも役立つと考えています。

製紙工場は想像以上に広く、集められた古紙の量に驚きました。リサイクルをするためにはいくつかの工程が必要で、不純物をなるべく混ぜずに回収することの重要性も再認識することができました。」

【当社コメント】
「行政の役割として、市民の方への情報公開・啓蒙活動があると思いますが、古紙が再生紙としてどのように生まれる変わるのかを、直接見て頂いたことは今後の市の取り組みにも役に立つのではないかと思います。」
Pagetop